鉱物図鑑

鉱物検索・黄銅鉱

黄銅鉱

 
鉱物図鑑・黄銅鉱
鉱物図鑑・黄銅鉱1鉱物図鑑・黄銅鉱2鉱物図鑑・黄銅鉱3鉱物図鑑・黄銅鉱4鉱物図鑑・黄銅鉱5
サムネイル写真を選択すると、拡大表示されます。
名称 黄銅鉱 (おうどうこう)
英名 Chalcopyrite (キャルコパイライト)
分類 硫化鉱物
化学式 CuFeS2
結晶系 正方晶系
硬度 3.5〜4
比重 4.2
劈開 なし
断口 亜貝殻状〜凸凹
条痕 緑黒色
黄銅色
光沢 金属光沢


黄銅鉱は、方鉛鉱斑銅鉱、輝銅鉱や銅藍、赤銅鉱などと共に、金属銅の主要鉱物のひとつとしてよく知られている。

硫化鉱物の鉱床に生成し、熱水鉱脈中では、方鉛鉱や石英、方解石や磁硫鉄鉱、閃亜鉛鉱など共に産出することが多い。
また、黄銅鉱はスカルン鉱床や黒鉛鉱床などにも広く産出し、銅鉱床が変質したところに産出することもある。

結晶は正方晶系の偽四面体のものをつくるが、双晶が多い。
結晶面には条線が見られるが、結晶よりもぶどう状や腎臓状などで産出するものが多い。

色は、いわゆる黄銅色をしているが、大気に長くさらされていると酸化して、青色や紫色を帯びて斑銅鉱に似た色を示し、光沢も鈍くなる。
更に時間が経つと、緑色がかった黒色に変わり、光沢がなくなってしまう。
また、黄銅鉱は徐々に変質して、輝銅鉱や藍銅鉱、孔雀石などの2次銅鉱物をつくりやすい。

不透明で金属光沢があり、劈開はなく、断口は亜貝殻状から凸凹をしている。
条痕は緑色を帯びた黒色をしているが、硝酸に溶け、炎にあてると緑色の炎を生じる

一見すると黄鉄鉱に似ているが、黄銅鉱は黄鉄鉱よりも黄色が強い。
また、黄鉄鉱は黄銅鉱よりも硬度が高く、小さくても結晶質のものが多い。

錆びたものは、表面だけ斑銅鉱とよく似た色を示すことがあるが、この場合、新しい断面を作ってみると判別しやすく、黄銅鉱の断面はすぐに変色しないが、斑銅鉱はしばらくすると変色する。

また、粒状で、石英の中などに見られるものは、金にも似た感じがする。
しかし、金は錆びたり変色することはなく、条痕色も黄金色をしている。
硬度も低く、黄銅鉱は銅貨でも傷つかないが、金は爪でも傷がつくので判別しやすい。

黄銅鉱は、時に多少の金や銀を含むものもあり、含有量が多いものは金銀鉱として利用される。
また、微量の錫、亜鉛などを含み、少量のニッケルやセレンを含むものもある

写真は、和歌山県・那智鉱山産出のものだが、黄銅鉱は、黄鉄鉱に次ぐもっとも広く分布する金属鉱物ともされていて、秋田県の尾去沢鉱山や阿仁鉱山、荒川鉱山、岩手県の釜石鉱山新山などのほか、栃木県の足尾銅山、愛媛県の別子銅山などでも大規模に採掘されたが、現在はいずれも閉山している。

尚、英名の「Chalcopyrite」は、ギリシア語の Chalkos (銅) と Pyrite (黄鉄鉱) が由来と言われている。

▲このページの先頭へ


【楽天トラベル 高速バス予約】